ピーナッツバターで簡単!なすのごまびたし・冷や汁の作り方

なすのごまびたし、それを使った冷や汁の作り方をご紹介します。

特に今回はピーナッツバター(ピーナッツクリーム)・すりごまを合わせて使うため、簡単・そして「練りごま」が不要の嬉しいレシピになっています。つゆまで飲み干せるくらいコクや「ごま感」もしっかりしていますので、ぜひ試してみて下さい。

なすのごまびたし・冷や汁

1 材料(2人分)

なす 中3本(大2本)
ねぎ 1/2本
ごま油 適量
塩 適量

☆だし汁 300ml(水・だしの素小さじ1)
☆しょうゆ 大さじ1
☆みそ 大さじ1
☆おろししょうが 適量

☆ピーナッツクリーム(ピーナッツバター) 大さじ2
☆すりごま 大さじ2

※ 汁多め・汁だけで飲める濃さに作っていますので、ごはんにかけて冷や汁としても食べることが出来ます!(ねぎをみょうがに変えても美味しいです!)

※ 今回は甘さを出すため、細かい分類ではピーナッツクリームのほうが向いています。

2 作り方

① なすを縦2つに切り、味が染みるように切れ目を入れる。水に5分ほどさらす。

② ねぎを小口切りにし、水に10分ほどさらす。☆の調味料を合わせ、よく混ぜる。

③ フライパンにごま油を多めに敷き、中火でなすの両面を焦げ目が付くまで焼く。

④ ②の調味料になすを加え、30分から半日漬ける。塩で味を調えていただく。

※ 30分の漬け具合から美味しく食べることができ、半日くらいで味がしっかりと染みます。

3 YouTubeの料理動画でご紹介

4 補足

今回のレシピは「練りごま」を使わず、ピーナッツクリーム(バター)を使って作ります。

ピーナッツクリームを使うメリットとして、①いくつかの調味料がひとつで済む ②材料費の節約になる の2点があります。

①いくつかの調味料がひとつで済む

ピーナッツクリームは擦ったごまと合わせて使うことで、練りごまの代用として使えるほか、適度な油分と甘味があるため、砂糖・ごま油の代わりにもなります。

そのため、たくさんの調味料を加えずとも、ピーナッツクリームひとつで複雑な甘さ・ゴマ感・コク・粘度(とろっとした感じ)を出すことが出来ます。

②材料費の節約になる

実は練りごま・・・スーパーで買おうとすると、大さじ3くらいの量で300~400円します(笑)

そのため、ピーナッツクリームとすりごまで代用すると、材料費の節約にもなり、残ったピーナッツクリームはパンに塗ることもできます!

なすのごまびたし・冷や汁まとめ

今回は、なすのごまびたし・冷や汁の作り方をご紹介しました。

しっかりと「ごま感」を出しつつ、汁は混ぜるだけで大変簡単にできるため、暑い季節にぴったりのレシピです。

またごまびたしの汁は、少し塩気を押さえて作っているため、冷や汁かけごはんにして汁ごと飲み干すこともできます。ぜひ試してみて下さい。

 

★料理名・材料などで検索♪★
・料理 → 唐揚げ、ポテトサラダ、チーズケーキなど
・食材 → 鶏胸肉、なす、キャベツなど
・その他→ スーパーのセール品や冷蔵庫の残り食材など(笑)

料理名・材料などで検索♪


関連記事